キャンディ機能の使い方
🍬

キャンディ機能の使い方

👉

Collaのキャンディ機能は、Slack内でメッセージを寄せて擬似的にキャンディをおくり合うことで、バリュー体現行動を称賛したり感謝を伝えることができる機能です😉

このページでは、キャンディ機能の使い方についてご説明します。

キャンディ機能が使えるプラン

スタンダードプラン、プレミアムプランでご利用できます。

👉

スタンダードプランは30日間トライアルでお試しできます。 詳しくはこちらをご覧ください。

キャンディのおくり方

キャンディは以下の5つの方法でおくることができます。

1)Slackアプリのホーム画面からおくる

Slack左メニューのAppにあるCollaアプリのホーム画面にある、"キャンディをおくる"ボタンからキャンディをおくることができます。

image

2)"🍬をおくる"ボタンからおくる

毎週水曜日に、Collaさんからリマインドメッセージが届きます。

まだキャンディが残っていたら是非メンバーにおくってあげてください😉

image

3)Slackの⚡ショートカットから送付する

Slackの⚡ショートカットからCollaを選択すると、キャンディをおくることができます。

スレッドでのやり取り中に、キャンディをおくりたい時などに便利です!

image

4)/colla candyコマンドでおくる

Slackのメッセージ上でスラッシュコマンドを入力すると、キャンディをおくることができます。

image

5)引用でキャンディを送る

投稿を選択し ︙(その他)押すと、キャンディをおくるショートカットがあり、投稿を引用しながらキャンディをおくることができます。

︙(その他)を選択した際の画面
︙(その他)を選択した際の画面
引用でキャンディをおくった際の見え方
引用でキャンディをおくった際の見え方

実際にキャンディをおくってみよう

キャンディは上記で解説したの5種類の方法でおくることができます。

image

まずはキャンディをおくりたいメンバー・キャンディの数を選択、そして感謝や称賛の気持ちを伝えるメッセージを入力しましょう。

キャンディはチームのメンバーにおくるだけでなく、自分にもおくることができますし、複数人に同時におくることもできますよ!こんな時に使ってみてくださいね。

  • 「ありがとう」や「助かった」などの気持ちを伝えたいとき
  • 「今週はこんなこと頑張った。えらいぞ自分」と、自分自身をほめたいとき
  • チームでプロジェクトを進めていて、複数人に同時に感謝の気持ちを伝えたいとき
🌟

メッセージを思いつかなくて手が止まってしまうことありますよね。おくることをやめるくらいならメッセージなしでもおくってみてください!

また、任意でバリュー絵文字を選択することもできます。エピソードが会社のバリュー体現行動にあたる場合は、積極的にバリュー文字を使いましょう! バリュー絵文字の設定はこちらから!

🍬
キャンディ機能の初期設定
👉

キャンディの賞味期限は1週間なので、賞味期限前にしっかり使い切りましょう😉

Collaさんが指定チャンネルで情報をシェア

image

キャンディがおくられると、Collaさんが指定されたパブリックチャンネルでシェアします。

会社でのバリュー体現行動をオープンな場で評価するコトで行動指針の浸透をサポートします☺️ メンバーの素敵な行動に対して、スタンプを押して称賛してあげてくださいね😉

Collaさんが月に1回表彰

image

Collaさんがキャンディの受け取りや送付、バリュースタンプ数を毎月集計し、月に一度ランキング形式で表彰します。 🍬をたくさんもらった人・たくさんおくった人だけでなく、バリューをたくさん体現している人も一目でわかるようになります!

チームメンバーと🍬をおくりあって、みんなでホメ達人を目指しましょう✨

詳細や過去の履歴はWebで確認

キャンディ送付の詳細や、過去のランキングを見たい場合は、CollaのWebページに情報が残されています。

ウェブに蓄積されたメンバーの活躍情報をいつでも参照することができます😉

キャンディ機能を使って、バリュー体現行動を称賛したり、感謝の気持ちを伝えてチームメンバーの活躍をみんなに知ってもらいましょう☺️

よくある質問

キャンディ機能に関するよくある質問は以下をご覧ください。

©TRACK RECORDS, Inc.